毎日頑張るあなたを応援する記事を更新中

iPhoneのGPSから現在地住所を取得|iPhoneショートカットアプリ使い方

iPhoneにはGPS機能が内蔵されているので場所の情報を取得することができます

マップアプリを使うと現在地のマップを表示させることもカンタンです

さらにiPhoneのショートカットアプリを使うとマップアプリをひらくことなくワンタップだけで現在地の住所テキストを取得することができます

郵便番号も一緒に取得してくれます

現在地の住所を取得できるとLINEや日記などにペースト(貼り付ける)こともカンタンにできますよ

今回はiPhoneショートカットアプリで現在地を取得して使いまわしできるようにクリップボードにコピーする方法をマスターしましょう

※iOS15での操作方法です
古いバージョンのiOSでは少し違ったり、アクション自体がなかったりします

CONTENTS

iPhoneGPSから現在地住所を取得するショートカットを作成する

ショートカットでアクションを追加して機能を実装していきます

実装する機能は2つ

  1. GPSから現在地情報を取得
  2. 取得した情報をクリップボードにコピーする

まずは、新しいショートカットを追加しましょう

新しいショートカットを作成する

まずはiPhoneホーム画面からショートカットアプリを起動して、マイショートカット画面右上の「+」マークで作成します

sc_gps_current_new

現在地を取得・クリップボードにコピーアクションを追加する

ショートカットに実装するアクションは2つ

  1. 現在地を取得アクション
  2. クリップボードにコピーアクション

順番に追加しましょう

アクション検索窓に「現在地」と入力して現在地を取得アクションを追加します

sc_gps_current_add_action

次に、「クリップボード」と入力してクリップボードにコピーアクションを追加します

sc_gps_current_add_action02

位置情報機能をオフにしている場合

もし、iPhoneの設定で位置情報サービスをオフにしている場合は下記の画像のようにアクセス権がありませんと表示されます

sc_gps_current_setting_off

その場合は「設定」アプリから「プライバシー」→「位置情報サービス」からオンに切り替えましょう

sc_gps_current_setting
sc_gps_current_setting02

現在地を取得アクションの設定をする

現在地を取得アクションには入力することがない珍しいショートカットのアクションですね

「>」マークをタップしてサブ機能を表示しましょう

sc_gps_current_set_range

GPSで取得する【精度=情報の正確さ】を変更することができます

初期値では100メートル単位での精度取得ですがタップして変更することができます

sc_gps_current_set_range02

結論からいうと【100メートル単位】の設定のままでいいです

最高にすると取得するのにめちゃくちゃ時間がかかって出てきた住所が100メートルより精度わるかったりw

10メートルでも時間かかるんんですよ

でも、キロメートルだとアバウトすぎますよね

初期値のままの100メートル単位でOKです

クリップボードにコピーアクションのマジック変数を確認する

アクションの追加する順番を上記のとおりにしているとアイコン+「現在地」というマジック変数が選択されているはずです

sc_gps_current_var

違う場合は長押しで変更してください

マジック変数についてはマジック変数|iPhoneショートカットアプリ使い方(むずかしくない)の記事で解説していますよ

ショートカットを実行してGPSから現在地の住所を取得する

すべての設定を終了がしたのでショートカットを実行して現在地住所を取得してみましょう

右下にある三角再生ボタンをタップします

sc_gps_current_show_result

マップと住所が表示されました

ショートカットを実行した場所は大阪のキタの繁華街ヨドバシカメラです

このままではクリップボードにコピーされているかわからないので、別アプリで確認してみます

Copiedというクリップボードの履歴を管理できるアプリでクリップボードをみてみます

sc_gps_current_show_result02

ちゃんと住所がテキストでコピーできてますね

成功です。ぱちぱち~

これでLINEやメール、他のアプリにペーストすることができます

iPhoneのGPSを使って現在地住所を取得|iPhoneショートカットアプリ使い方 まとめ

  • ショートカットアプリでGPS機能を使って現在地のデータを取得できる
  • 取得した住所をクリップボードにコピーすると他のアプリに貼り付けることができて便利

iPhoneマップやGoogleマップでも住所を取得することはできますがショートカットアプリでは作ってしまえばワンタップで取得できます

人生どんどん自動化していきましょう

ではまた~

シェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

iPhoneを3GSから愛用
使用したiPhoneアプリは5000を超えるiPhoneラバーでありガジェット好き
ワーキングホリデーを利用して一年間ニュージーランドで生活
30歳を超えてから発達障害であることが判明
社会とズレがあると感じていたことがスッキリして心が晴れる
発達障害のギフトを活かしつつ、iPhoneや便利ツール・メンタルテクニックなどを駆使して自分らしく生きられる方法の探求者

コメント

コメントする

CAPTCHA


CONTENTS
閉じる