毎日頑張るあなたを応援する記事を更新中

リストにまとめて追加|iPhoneショートカットアプリ使い方

iPhoneショートカットアプリの基本的な使い方を学ぶこのシリーズ

リストの基本的な使い方をご紹介しました

あらかじめリストを使うときはデータをリストの中に入力していればOKです

ですが、ショートカットで取得・加工したデータを入れる場合はどうでしょうか?

  • ヘルスケアアプリから体重を取得してリストに追加
  • カレンダーアプリから予定一覧を取得してリストに追加

マジック変数はひとつだけではなく複数のデータを持つことができます

カレンダーの例だと

  • 5/10 11:00~12:00 会議
  • 5/10 12:00~13:00 休憩

もっとあるとは思いますが、カレンダーから取得するとふたつのデータをひとつのマジック変数が持っています

複数あるデータをリストに追加すると分かれたデータのまま保持してくれるんですね

  1. リストにマジック変数で複数のデータを追加
  2. リストから選択する

このコンボがたいぶ使い勝手が良いんです

今回は、

  • 「繰り返す」アクション
  • 「テキスト分割」アクション

のふたつのアクションを使って、まとめてリストにデータをいれる方法をマスターしましょう

それではいきましょう~

※iOS15での操作方法です
古いバージョンのiOSでは少し違ったり、アクション自体がなかったりします

マジック変数はこちらの記事で解説しております

CONTENTS

テキスト分割アクションからのマジック変数をリストに追加する

まずはiPhoneショートカットアプリをひらいて右上「+」をタップして新しいショートカットを作成します

sc_list_var_add_sc

テキスト・テキスト分割・リスト・リストから選択アクションをショートカットに追加する

アクション検索から4つのアクションを順に追加してください

  1. テキスト
  2. テキスト分割
  3. リスト
  4. リストから選択
sc_list_var_add_action
sc_list_var_add_action02

アクション検索はこちらの記事で解説しております

テキストに入力

複数のデータを作るためにテキストに入力していきます

わかりやすく数字「1,2,3」をひとつの数字を改行して入力します

sc_list_var_input_text

下に置いた「テキストを分割」アクションがさきほど入力したテキストを改行をみつけて分割してくれるので、

  • 1
  • 2
  • 3

の3つのデータに分けてくれます

テキスト分割はこちらの記事で解説しております

マジック変数をリストに追加

次はリストアクションをととえていきます

初めから入力されている、

  • 1件
  • 2件

は必要ないので削除します

赤丸で囲まれた「-」マークをタップすると削除ボタンが表れます

sc_list_var_delete_list

削除ボタンをタップしてすべてのデータを削除してください

薄い字で「新規項目を追加」横にある「+」マークを押して新しい項目を追加してください

sc_list_var_add_list

テキストを分割アクションで作成した3つの数字データのマジック変数を受けとりましょう

新しくリストに追加した項目をタップしてキーボードをひらくと「変数を選択」が表示されます

sc_list_var_select_var

テキスト分割アクション下の「テキストを分割」をタップします

※同じ名前ですが線でつながれたしたものもがアクションが作成したマジック変数です

ショートカットを実行して動作を確認する

最後に、リストから選択アクションがリストのマジック変数を受けとっているか確認してください

※マジック変数がセットされていない場合は、テキスト分割のマジック変数をセットした手順で変更してください

画像と同じ設定ができていれば、右下三角再生ボタンを押してショートカットを実行します

sc_list_var_show_result

ウィンドウが表示されてリストから選択アクションが実行されています

数字が線で分かれているので、リストの中には3つの数字が別々のデータとして追加されていることがわかります

成功です。ぱちぱち~

繰り返すアクションからのマジック変数をリストに追加する

複数のデータを作成するアクションは他にもあります

繰り返すアクションでも使い方をみていきましょう

繰り返す・乱数・リスト・リストから選択アクションをショートカットに追加する

テキストとテキストを分割アクションを削除します

アクション検索から「繰り返す」と検索して繰り返すアクションを先頭に追加します

sc_list_var_add_action03

さらに、「乱数」と検索して乱数アクションを繰り返すアクションの間に追加します

sc_list_var_add_action04

繰り返しの終了の前ですね

繰り返す・乱数アクションを設定する

繰り返すアクションは回数を変更することができます

回数をタップすると「-+」が表示されるので今回は5回にしましょう

sc_list_var_set_num

繰り返すの中に追加した乱数アクションには

  • 最小値:1
  • 最大値:6

と入力しましょう

sc_list_var_set_randomnum

これで1~6までの数字からランダムにひとつ数字を作成してくれます

わかりやすく言えばサイコロですね

乱数アクションはこちらの記事で解説しております

繰り返すと乱数アクションでおこなうのは、サイコロを5回ふるのと同じです

マジック変数をリストに追加

リストにはさきほど追加したテキストを分割のマジック変数がありますが、削除してしまっているのでエラーになります

項目を削除して、また新しい項目を追加しましょう

sc_list_var_set_delete_list02

新しい項目に繰り返すアクションのマジック変数繰り返しの結果をセットしましょう

sc_list_var_set_set_var

ショートカットを実行して動作を確認する

最後にリストから選択アクションがリストのマジック変数を受けとっているか確認しましょう

sc_list_var_home

画像と同じ設定になっていれば、右下三角の再生ボタンでショートカットを実行します

sc_list_var_show_result02

2度実行してみた結果です

ランダムな数字が5つリストに追加されていますね

成功です。ぱちぱち~

リストにまとめて追加| iPhoneショートカットアプリで人生自動化 まとめ

  • リストはマジック変数を受けとることができる
  • 複数のデータも追加すると別々のデータとして保持してくれる

リストの基本的な使い方はこちらの記事で解説しています

ショートカットってなかなか使用する場面のイメージがしにくいかと思いますのでわたしの使用例を上げてみます

わたしは日記としても使っているカレンダーアプリに画像を追加するときに使用してますね

手順としては、

  1. 写真アプリからカレンダーアプリに追加する写真を選ぶ
  2. 写真のサイズを縮小
  3. 日付を選択する
  4. カレンダーアプリから指定した日付のイベントを取得
  5. リストでイベントを表示して追加したい先のイベントを選ぶ

これら5つの行程をショートカットをワンタップしたらできるようにレシピを作っています

今回の方法は4, 5の行程で使用できますよ

むずかしいことがあればコメントいただけると助かります

ではまた~

シェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

iPhoneを3GSから愛用
使用したiPhoneアプリは5000を超えるiPhoneラバーでありガジェット好き
ワーキングホリデーを利用して一年間ニュージーランドで生活
30歳を超えてから発達障害であることが判明
社会とズレがあると感じていたことがスッキリして心が晴れる
発達障害のギフトを活かしつつ、iPhoneや便利ツール・メンタルテクニックなどを駆使して自分らしく生きられる方法の探求者

コメント

コメントする

CAPTCHA


CONTENTS
閉じる