毎日頑張るあなたを応援する記事を更新中

【iPhone版】Safariブラウザ履歴を削除・編集する方法

Safariの履歴は気になったサイトをもう一度表示するには便利ですが、サイトの履歴は性格や志向などが満載の個人情報です

特にやましいことがなくても、ちょっとiPhoneを貸したりするときなど履歴を消しておきたい時もありますよね

iPhone・iPadのSafariはサイト閲覧履歴を消すこともできますし、履歴自体を残さないでサイトを見ることができる機能もあります

Safariでのサイト閲覧履歴の管理方法をご紹介します

この記事でわかること
  • サイトの閲覧履歴を見る方法
  • 閲覧履歴を削除する方法
  • 履歴を残さないでSafariでサイトを見る方法
CONTENTS

Safariでサイト閲覧履歴を表示する

Safari閲覧履歴を削除する方法を先に知りたい方はSafariサイト閲覧履歴を削除する3つの方法の項目から御覧ください

iPhoneのSafariブラウザ初期設定ではサイトを見たら履歴が残るようになっています

「間違って消してしまった」

「もう一度あのサイトを見たい」

など、アドレスやどんなサイトだったかを忘れてしまっても履歴から再表示・タブを復元することができます

日付ごとにまとまっているので「いつ見たか」といった記憶からでも探すことができます

閲覧履歴を表示する手順はカンタンで2つです

閲覧履歴表示手順
  1. ブックマーク画面を開く
  2. 履歴タブを選択

実際のiPhoneの画像を見ながら確認していきましょう

STEP
本マークをタップしてブックマーク画面を開く
iphone-safari-history-display
STEP
時計マークの履歴タブを選択
iphone-safari-history-display02
STEP
Safari閲覧履歴画面
iphone-safari-history-display03

Safariに閲覧履歴が残っていない場合はプライベートブラウズモードを使っている可能性があります
記事後半のサイト履歴を残さないでSafariを使うの項目を参考にしてください

サイト履歴を検索する

Safariに記録されたサイト閲覧履歴を文字検索することができます

閲覧履歴はサイトを見るたびに増えていくので目当ての履歴を探したい時は検索を使いましょう

STEP
サイト閲覧履歴ウィンドウを下にスワイプする
STEP
検索ウィンドウに探したい単語を入力する
STEP
検索結果画面

検索ウィンドウに入力した文字に合う履歴が画面に残ります

サイトを表示したい場合はタップするとSafariでみることができます

最近閉じたタブをすぐに再表示する小技

履歴からサイトを再表示できるのは便利ですが最近閉じたタブをまた表示するならもっとカンタンな方法があります

タブを管理する画面にある新しいタブを作るボタン「+」を長押しから最近見たタブの復元をすることができますよ

STEP
Safari画面下にあるタブ管理ボタンをタップ
STEP
新規タブを作成できる「+」ボタンを長押し
STEP
最近閉じたタブが表示されます
STEP
もう一度見たいサイトのタブをタップすると復元されます
STEP
タブ管理画面でタップしたタブが復元されています

Safariサイト閲覧履歴を削除する3つの方法

サイトの履歴を消す方法は全部で3つあります

Safariサイト閲覧履歴を削除する3つの方法
  • サイトごとに閲覧履歴を削除する
  • すべての閲覧履歴を一括で削除する
  • Safari検索履歴を削除する

サイトごとに閲覧履歴を削除

サイト閲覧履歴から削除したいものを選んでひとつずつ削除する方法です

全部は消したくないけど、少ない気になるものだだけ履歴を消したい場合に使いましょう

STEP
削除したい閲覧履歴を横にスワイプする
STEP
表示された削除ボタンをタップする
STEP
選んだサイト閲覧履歴削除完了

すべての閲覧履歴を一括で削除

一括でSafariに保存されているサイト閲覧履歴を削除する方法です

削除する期間を選ぶことができます

一括で履歴削除する期間
  • すべて(期間関係なく全履歴を削除)
  • 今日と昨日
  • 今日
  • 直近1時間
STEP
サイト閲覧履歴ウィンドウの右下にある「消去」をタップ
STEP
削除する期間を選ぶ
iphone-safari-history-bulk02
STEP
すべての閲覧履歴の削除完了

※上記画像は「すべて」を選択しました

Safari検索履歴を削除する

Safari検索履歴はアプリからでは削除できないので設定アプリで操作します

STEP
設定アプリを開く
STEP
アプリ設定項目の「Safari」を選択
STEP
下にスクロールした先にある「履歴とデータを消去」を選択
STEP
実行していいか確認されるので「履歴とデータを消去」をタップ
STEP
Safariに表示されているタブを閉じるかを選択する

Safari閲覧履歴が削除できない時に確認すること

上記で紹介したSafariサイト閲覧履歴削除の手順をしても削除できない時は設定アプリでの設定を見直してみましょう

コンテンツとプライバシー制限を切り替える

コンテンツとプライバシー制限がオンに鳴っていると閲覧履歴が削除できない場合があります

オフにしてからもう一度履歴削除手順をしてみてください

STEP
設定アプリからスクリーンタイムを選択
STEP
下にスクロールして「コンテンツとプライバシーの制限」をタップ
STEP
コンテンツとプライバシーの制限機能をオフにする

サイト履歴を残さないでSafariを使う

サイト履歴を削除するのが面倒な方は最初から履歴を残さない方法もあります

プライベートブラウズモードでSafariを使用すると履歴を残さないでサイトを見ることができます

プライベートブラウズモード

プライベートブラウズモードを使うにはタブ管理画面から切り替えます

STEP
Safari画面下にあるボタンからタブ管理画面を開く
STEP
画面下にある「タブグループ」を選択
STEP
タブグループをプライベートに切り替える
STEP
プライベートブラウズモードに変更完了

【iPhone版】Safariブラウザ履歴を削除・編集する方法 まとめ

履歴削除方法まとめ
  • ブックマーク画面から履歴タブを切り替えてサイト閲覧履歴を表示
  • 履歴をスワイプすると個別に削除できる
  • 「消去」機能を使うとまとめて履歴を削除できる
  • プライベートブラウズモードを使うと履歴を残さないでSafariを使うことができる

iPhoneを売るときや、家族に貸し出したりするときにはSafariのサイト閲覧履歴を消すのがオススメです

シェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

iPhoneを3GSから愛用
使用したiPhoneアプリは5000を超えるiPhoneラバーでありガジェット好き
ワーキングホリデーを利用して一年間ニュージーランドで生活
30歳を超えてから発達障害であることが判明
社会とズレがあると感じていたことがスッキリして心が晴れる
発達障害のギフトを活かしつつ、iPhoneや便利ツール・メンタルテクニックなどを駆使して自分らしく生きられる方法の探求者

コメント

コメントする

CAPTCHA


CONTENTS