毎日頑張るあなたを応援する記事を更新中

iPhone録音アプリ「ボイスメモ」機能を解説

iPhoneは標準で録音機能【ボイスメモ】アプリが入っています

iphone-voicememo-icon

編集・再録音も簡単にでき、シンプルながらとても使い勝手のいい標準アプリです

録音したいときって急に来たりするのですぐに起動できるようにしておきたいもの

ボイスメモはコントロールセンターからも起動できるので、録音したいタイミングを逃しません

この記事でわかること
  • ボイスメモの起動方法
  • 録音中の操作
  • 録音した音声の再生・編集
  • トリミング
  • 位置情報の活用
  • オプション機能(無音スキップ・補正)

画像をたくさん使って解説していきますよ

音声録音にオススメなワイヤレスイヤホン3つ
  • AirPods
  • AirPods Pro
  • Soundcore Life P3
CONTENTS

ボイスメモの機能

iPhoneをボイスレコーダーのように活用してデータを保管・持ち運びできるようになるボイスメモアプリ

役立つシチュエーション
  • メモの代わり
  • 講義や会議での記録
  • ひらめいた音楽やメロディ

など、いつも持ち歩くiPhoneをボイスレコーダーに変えられます

iphone-voicememo-commentary

録音できる時間に制限はなくiPhoneのストレージ容量に応じて録音できます

※ストレージ容量が少ないと録音できる時間も減ります

どこでもいつでも編集できる

録音した音声は再生はもちろんいつでもOK

ボイスレコーダーとの違いとしてはその場で編集や再録音もできるということ

波形データで音のボリュームも表示されるので無音部分や話し始めがバッチリわかります

iphone-voicememo-commentary

必要な場所を取り出すトリミングや不要部分の削除もしっかりできます

iCloudで他の端末と共用することができるのでiPhone・iPad両方で再生できます

AirDropやメールで送信することもできます

ワイヤレスイヤホンマイクも使える

iPhoneには3箇所にマイクがあるのでいろんな方向からの音を拾うことができます

iPhoneについているマイク
  • 通話スピーカー付近
  • 本体下部
  • 背面カメラ付近

対応しているワイヤレスヘッドホンなどを使ってボイスメモを録音することもできます

メモ用やLINEメッセージ用など自分の音声中心に録音したい場合はワイヤレスイヤホンがオススメです

ボイスメモをインストール

ボイスメモはiPhone標準アプリなので最初からインストールされています

ボイスメモがiPhoneに入っている場合はこの章は飛ばしてOKです

もしボイスメモアプリを消してしまった場合は、2つの方法でボイスメモを探しましょう

ホーム画面を一番右にスワイプするとあるAppライブラリから探すことができます

iphone-voicememo-install

もしどこにあるかわからない場合は検索窓に「ボイスメモ」と入力して検索してみましょう

iphone-voicememo-install02

検索しても表示されない場合は、アプリ自体をiPhoneから削除してしまってるので、App Storeからダウンロードする必要があります

iphone-voicememo-install03

App Storeアプリを開検索ワードにボイスメモと入力してiPhoneボイスメモアプリをインストールしてください

ボイスメモで録音する

ボイスメモを起動して録音を開始しましょう

ボイスメモで録音を開始する方法は3つあります

ボイスメモを起動する3つの方法
  • ボイスメモアプリ画面の録音ボタンを押す
  • ホーム画面ボイスアプリを長押し
  • コントロールセンターから録音

ボイスメモアプリの録音ボタン

ボイスメモアプリを起動するとシンプルな画面が表示されます

録音を開始する赤いボタンが目立つ、録音したデータ一覧画面が表示されます

iphone-voicememo-record-start

赤い録音ボタンをタップするとすぐに録音が開始されます

※初めて録音する場合は一覧にはデータは何も表示されません

初回ボイスメモ起動時

初めてボイスメモを起動した場合はiCloudと位置情報の許可を求められるかもしれません

  • iCloud
  • 位置情報(GPS)

iCloudを許可した場合は、他の端末(2台目iPhoneやiPadなど)でも再生・編集できるようになります

iphone-voicememo-record-start02

位置情報の許可は録音したデータのタイトルを自動で町名を設定するのに必要になります

iphone-voicememo-record-start03

ホーム画面ボイスアプリを長押し

ホーム画面でボイスメモアプリを長押しするとメニューが表示されます

iphone-voicememo-record-start04

メニューから新規録音をタップすると録音が開始されます

コントロールセンターから録音

コントロールセンターからボイスメモを起動するには設定アプリでの操作が必要です

設定の手間はかかりますが、どこからでもスワイプで呼び出せるコントロールセンターで起動できるようになります

他のアプリを使用中でも、ボイスアプリのないホーム画面からでも使えるわけですね

便利です

ステップは4つ

  1. 設定アプリ
  2. コントロールセンター
  3. コントロールを追加からボイスメモを追加
  4. 含まれているコントロールにボイスメモが追加される
STEP
設定アプリを開く
iphone-voicememo-record-controlcenter
STEP
コントロールセンターを選択
iphone-voicememo-record-controlcenter02
STEP
「コントロールを追加」項目からボイスメモを追加
iphone-voicememo-record-controlcenter03
STEP
「含まれているコントロール」項目にボイスメモが追加される
iphone-voicememo-record-controlcenter04

コントロールセンターからボイスメモを起動できるようになりました

iphone-voicememo-record-controlcenter05

録音中に一時停止・再録音できる

ボイスメモアプリの赤い録音ボタンから録音するとウィンドウがiPhone下部に表示されます

録音をスタートするとボタンが四角にかわり、停止ボタンをタップすると録音が停止されます

iphone-voicememo-pause

また、ボタン以外のウィンドウ内をタップするとウィンドウが拡大されます

ポーズボタンをタップすると一時停止、もう一度押すと再開もできます

iphone-voicememo-pause02

録音を停止するには、ウィンドウを拡大している場合、右下に表示されている完了ボタンを押します

バックグラウンド録音

ボイスメモは、バックグラウンド録音にも対応しています

アプリを切り替えたり、ホーム画面に戻っても録音は続行されます

バックグラウンドでボイスメモを録音している場合には、ステータスバーがオレンジ色に変化します

iphone-voicememo-statesbar

ステータスバー内でオレンジ色の丸が点滅します

ステータスバーをタッチすることによってボイスメモに戻ることできます

iphone-voicememo-statesbar02

録音するマイク

ボイスメモで録音するにはiPhoneのマイクに向かって話せばOKです

また手ぶらで録音したり、音声との距離を一定に保ちたい場合はマイクを使用することがオススメ

音や声とiPhoneをの距離がかわると音のボリュームも変わってしまいますからね

Youtubeや撮影の仕事では専用の集音マイクを使うのがオススメ

iphone-voicememo-microphone

撮影ほどまで使わないって場合は、普段はイヤホンとしても使えるワイヤレスイヤホンのマイクを使うのがオススメ

iphone-voicememo-microphone02

iPhone録音にオススメなワイヤレスイヤホン

ボイスメモで録音するときに使いたいオススメのワイヤレスイヤホンは3つ

録音にオススメなワイヤレスイヤホン
  • AirPods
  • AirPods Pro
  • Soundcore Life P3

いちばんのオススメはAirPods Pro!

複数の端末iPhoneとiPadなど分かれている場合でも、音声が流れたり、マイクを接続したりするタイミングで、AirPodsがメド的に端末を切り替えてくれるのでとても便利。

マイク性能としてはものすごく劇的な変化はないのでコスパ抜群な【Soundcore Life P3】がオススメ

AirPods

マイクの音声収集能力もいい感じで録音音声もクリアに聞こえます

さすがに録音専用ではないので集音マイクには劣ってしまいますが必要十分!

アップル純正のAirPods接続はとてもシンプルで使いやすいんですよ

耳に装着するだけでiPhoneと接続してくれる快感はほんとに素晴らしい

さらに切り替えもとてもスムーズでiPhone・iPadの切り替えも自動でしてくれます

iphone-voicememo-airpodspro

※上記写真はわたしが使っている後でオススメするAirPods Proです

iPhoneを使っているならぜひAirPodsを使って欲しい快適さです

バッテリー性能もいい感じ

AirPodsバッテリー性能
  • 1回の充電で最大5時間可能
  • AirPodsケースのバッテリーを含めると24時間使用可能

ノイズキャンセリングは無いもののワイヤレスイヤホンの完成度の高さはさすがAppleさん

AirPods Proと比べてコストを抑えたいのなら、AirPodsがおすすめ

AirPods Pro

ざっくりと言うと、AirPodsにノイズキャンセリング機能を追加したものがAirPods Proです

AirPods Proには出力をマイクと入力用マイクの2つが備わっていて、外の音に似た音の波形で雑音を相殺してくれるんですね

簡単に言うと、【雑音を消してくれる】機能です

ま、正直言うとマイク性能としては先程のAirPodsとそれほど変わりませんw

ただ、ノイズキャンセリング機能はつけたると世界が変わります

いかに音が人に影響を与えているかがよくわかります

わたしにも深すぎる技術的なことはわかりませんが、AirPods Proをつけたときの音楽への没入感はハンパないです

マイク性能としてはAirPodsと大差ありませんが話すことに集中できるイヤホンはとても重要

AirPods Proワイヤレスイヤホンの中でも高額に属するイヤホンですが、iPhone・iPadを使用している人には絶対にオススメなワイヤレスイヤホンです

Soundcore Life P3

バッテリー・スピーカーで有名なAnker製品でオススメなのが【Soundcore Life P3】

ノイズリダクション機能を搭載していてクリアな音声・音を拾ってくれます

価格も機能もちょうど良いバランスでとても使い勝手がいいです

保証もAnkerはしっかりしています

わたしは以前に数年経ったワイヤレスイヤホンが通常仕様で壊れたことがありました

問い合わせをしたところ、購入してからけっこう経っていたにも関わらずちゃんと説明をすると交換にも対応してもらえました

カラーも黒白、ネイビーなど複数色展開しているので、自分に合わせた色を選択することができますね

iPhone録音にオススメな集音マイク

マイクにこだわりたい方は集音用のマイクを使ってみましょう

手軽さの点ではワイヤレスイヤホンに劣りますが聞きやすい音声を取るにはやはり専用マイク

聞きやすい音声はストレスがかなり減るので録音する機会が多い方はぜひ使ってみてください

録音にオススメな専用マイク
  • Joby カメラ用マイク ウェイボ(ノイズ軽減させるマウント)
  • Anker PowerConf S3(全方向から音を集める)

Joby カメラ用マイク ウェイボ

屋外で録音するときには風の音が大きな敵になります

ビュービュー音が入ってると聞くどころじゃないですからね

ウィンドジャマーという仰々しい名前のマイクカバーがついているので余計な騒音をおさえてくれます

出典:Amazon
出典:Amazon

別にiPhoneにつなげるアダプターが必要になりますが良い音を集めるのにオススメです

Anker PowerConf S3

会議や大人数での会話はマイクを配置する場所に悩むんですよ

焚き火を囲むように会議するなんてことないですから広い範囲で音を拾ってほしいんですよね

ほら、声小さい人もいるしw

Anker PowerConf S3は全指向性マイクっていって6つのマイクを360度に配置されているので全部の方向から音を集めてくれます

オートゲインコントロール機能で声の大きさをいい感じに整えてくれるので、声が小さかったりしてもAnker PowerConf S3が勝手に最適化してくれるんですよ

出典:Amazon
出典:Amazon

バッテリーも6700mAhと大容量なので最大24時間の会議にも耐えられます!

Ankerはスピーカーに定評のあるメーカーなので音・声を流すのにもピッタリです

録音ファイルを再生

録音した音声ファイルは「新規録音」という名前で保存されます

iphone-voicememo-play

録音データが増えていくと名前の後ろに数字が足されていきます(例:「新規録音 2」)

iphone-voicememo-play02

録音したボイスメモを再生するには、再生したいボイスメモをタップします

すると、再生編集メニューが表示されるので再生マークをタップする録音音声が再生されます

iphone-voicememo-play03

15秒送り、15秒戻しも可能です

削除したい場合は右側にあるゴミ箱のマークをタップします

再生速度の変更

左側にある編集メニューをタップすると、オプションで再生速度を変更できます

iphone-voicememo-play04

再生速度はスライドを使用することで変更できます

かめに近づけると遅くなり、うさぎに近づけると再生速度が速くなります

iphone-voicememo-play05
iphone-voicememo-play06

録音データの編集

録音データを編集するには右側にあるボタンから共有メニューを選択すると編集ウィンドウが表示されます

iphone-voicememo-edit-menu
iphone-voicememo-edit-menu02

編集画面では、音声の波形データが表示されるので、視覚的に録音した音声を編集することができます

iphone-voicememo-edit-menu03

再録音

波形データの1番最後の部分にカーソルが来ている場合は、続けて録音を追加する事ができます

画面下にある「再開」を押すと録音データの最後から続けて新しい録音を追加できます

iphone-voicememo-edit-re-record

録音した音声を途中から録り直しをしたい場合はカーソルを移動させるとボタンが「再録音」に変わります

再録音すると青い縦線のカーソルより後ろを新しい音声データで上書きされます

トリミング

必要な音声データ部分だけを残すトリミングも可能です

トリミングするには、右上にあるトリミングボタンをタップします

iphone-voicememo-edit-trimming

波形データが黄色い背景に変わるので、トリミングする場所を波形データ上で選択します

iphone-voicememo-edit-trimming02

切り出したい音声データの場所を選択できたら「トリミング」ボタンをタップします

iphone-voicememo-edit-trimming03

選択した部分だけが取り出されました(下の画像)

iphone-voicememo-edit-trimming04

逆に、選択した場所だけを取り除きたいときは「削除」ボタンを押します

iphone-voicememo-edit-trimming05

選択した場所だけが削除されています

iphone-voicememo-edit-trimming06

上記画像では長めの無音部分だけが削除されていますね

聞き取りづらい部分を補正

録音した音声が聞き取りづらい場合は、録音補正をオンにすることによって少し聞きやすくなります

録音音声をオンにするには、左上のメニューを開き、オプション画面から録音補正をオンにすることで変えることができます

iphone-voicememo-edit-correction
iphone-voicememo-edit-correction02

ワイヤレスイヤホンで聞く

最近のマイクは感度が上がっているので小さい音も拾っていたりします

iPhoneのスピーカーでは聞こえなかった音がイヤホンでは聞こえることもしばしば

会議の録音とかで起こりやすいですね

iPhoneから遠かったり、発言者の声が小さかったりして音声がどうしても小さいときにはイヤホンだと聞き取れることがあります

トリミングしたい場所・削除したい場所の特定もワイヤレスイヤホンだと聞きやすいのでスムーズになりますね

位置情報を自動でタイトルに追加

記事の最初の方で位置情報設定について触れましたが、自動タイトルつけに位置情報を使うことができます

位置情報を使って町名をボイスメモのタイトルに自動設定してくれます

設定アプリからボイスメモに移動します

iphone-voicememo-edit-location-info
iphone-voicememo-edit-location-info02

ボイスメモ設定で「位置情報を録音名に使用」をオンにします

iphone-voicememo-edit-location-info03

新しくボイスメモで録音をすると町名がデータ名になっています

iphone-voicememo-edit-location-info04

録音データをフォルダで整理&移動

録音したボイスメモは「すべての録音」内に保存されます

ボイスメモをフォルダで整理・保存したい場合は、ボイスメモのトップメニューに戻り、右下にあるフォルダ追加ボタンをタップ

iphone-voicememo-edit-folder

新規フォルダを作成します

iphone-voicememo-edit-folder02

録音データを移動させる

移動させたい録音データを左にスワイプします

表示されたメニューからフォルダアイコンをタップします

iphone-voicememo-edit-folder03

先程作成した新規フォルダをタップするとデータが移動できます

iphone-voicememo-edit-folder04

新しいフォルダの中に録音データを移動できていますね。成功です

iphone-voicememo-edit-folder05

iPhone録音アプリ「ボイスメモ」機能を解説 まとめ

iPhoneボイスメモまとめ
  1. iPhone純正アプリ「ボイスメモ」で音声録音ができる
  2. ボイスメモアプリが見つからないときは新しくインストールする
  3. ボイスメモを起動する方法は3つ
    1. ボイスメモアプリから録音ボタンを押す
    2. ホーム画面でアプリを長押しして新規録音
    3. コントロールセンターから録音する
  4. バックグラウンドで録音できる
  5. 再生速度を変更できる
  6. トリミング・削除など編集が可能
  7. フォルダで録音データを管理できる

ちょっとしたメモなど、すぐに残したい場合にとても便利なボイスメモ機能

わたしは忘れやすいのでよく使っていますw

標準のボイスメモアプリではできませんが文字起こしのできるアプリなどもあるので奥が深い録音の世界

まずはボイスメモで手軽に記録しましょう

シェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

iPhoneを3GSから愛用
使用したiPhoneアプリは5000を超えるiPhoneラバーでありガジェット好き
ワーキングホリデーを利用して一年間ニュージーランドで生活
30歳を超えてから発達障害であることが判明
社会とズレがあると感じていたことがスッキリして心が晴れる
発達障害のギフトを活かしつつ、iPhoneや便利ツール・メンタルテクニックなどを駆使して自分らしく生きられる方法の探求者

コメント

コメントする

CAPTCHA


CONTENTS