毎日頑張るあなたを応援する記事を更新中

写真を反転・回転|iPhoneショートカットアプリ使い方

iPhoneのショートカットアプリには写真を加工するアクションをたくさん紹介してきました

今回は写真を反転・回転させるショートカットアプリの使い方を解説します

※iOS15での操作方法です
古いバージョンのiOSでは少し違ったり、アクション自体がなかったりします

CONTENTS

写真を反転させるショートカットを作成する

反転・回転ともに手順は2つです

  1. 写真を選ぶ
  2. 選んだ写真を反転・回転させる

まずは新しいショートカットを作成したあとに手順をおこなうアクションを追加していきます

新しいショートカットを作成する

iPhoneホーム画面からショートカットアプリを起動して、マイショートカット画面の右上にある「+」マークをタップします

sc_photo_rotate_invert_new

写真を選択・イメージを反転・結果を表示アクションを追加する

ショートカットにアクション(手順)を追加します

  1. 写真を選択アクション
  2. イメージを反転アクション
  3. 結果を表示アクション

数字の順番にアクションを追加していきましょう

まずはアクション検索窓に「写真」と入力して写真を選択アクションを追加します

sc_photo_rotate_invert_add_action

続いて「イメージ」と入力してイメージを反転アクション、「結果」と入力して結果を表示アクションを追加します

sc_photo_rotate_invert_add_action02

下記画像と同じ配置になっているか確認してください

sc_photo_rotate_invert_add_action03

アイコンと青文字が一緒になっているマジック変数を特に確認してください

※異なる場合は、長押しして変更してください

マジック変数はマジック変数|iPhoneショートカットアプリ使い方(むずかしくない)の記事で解説しております

イメージを反転アクションの設定をする

今回は初期設定から変更はありませんが、イメージを反転アクションの設定できることを確認します

青文字の「横方向」をタップすると変更することができます

sc_photo_rotate_invert_set_rotate
  • 横方向
  • 縦方向

のふたつです。シンプルですね

ショートカットを実行して写真を反転させる

ショートカットに追加したアクションの設定が終了したので動作確認をします

右下にある三角再生ボタンをタップしてショートカットを実行します

sc_photo_rotate_invert_show_result

iPhone写真アプリにある写真の一覧が表示されるので1枚選びます

sc_photo_rotate_invert_show_result02

結果が上記写真の右側です

※比較しやすいように反転させていない元画像を左側においています

ちゃんと横向きに反転されています

成功でね。ぱちぱち~

縦方向に写真を反転させると下記写真のようになります

sc_photo_rotate_invert_show_result03

写真を回転させるショートカットに編集する

イメージを反転アクションを入れ替えることで回転させる機能にもできます

イメージを反転アクションをイメージ/ビデオを反転アクションに変更する

アクション検索窓から「イメージ」と入力してイメージ/動画を回転アクションをタップします

sc_photo_rotate_add_action04

ショートカットの最後、結果を表示のあとにイメージ/動画を回転アクションが追加されました

長押しからのドラッグ&ドロップでイメージ/動画を回転アクションを写真を選択の下に移動させます

イメージを反転アクションは右側にある「☓」をタップして削除します

sc_photo_rotate_invert_add_action05

イメージ/動画を回転・結果を表示アクションともに存在しないマジック変数を受けとっているので赤文字になっています

マジック変数を変更しましょう

まずは、イメージ/動画を回転を長押ししてマジック変数を変更します

sc_photo_rotate_invert_set_var

写真を回転させたいので上にある「写真」をタップします

sc_photo_rotate_invert_set_var02

同様に結果を表示アクションでは回転させた写真を受けとりましょう

sc_photo_rotate_invert_set_var03

青文字になってエラーではなくなりましたね

イメージ/ビデオを反転アクションを設定する

【「90」(青文字)度回転】の数値を変更することで回転させる角度を変更できます

円での数値なので、0度と360度は回転していないことになります

今回は初期設定の90度のままで試してみましょう

ショートカットを実行して写真を回転させる

ショートカットを実行して写真をちゃんと回転させられるか試してみましょう

sc_photo_rotate_invert_show_result04

設定した90度に回転できています

時計回りでの90度なので反時計回りに90度にしたいならば、270度を設定すれば同じ結果が得られます

試しに360度で回転させましたが変わりないですねw

sc_photo_rotate_invert_show_result05

写真を反転と写真を回転をするショートカットを試してみる

あまり使う場面はないかもしればせんが、写真を反転と回転は両方使用することもできます

試しに

  • 横回転
  • 10度回転

をしてみましょう

sc_photo_rotate_invert_show_result06

横回転しつつ10度回転できています

ちなみに白く表示されているところも写真の一部に鳴っています

白いところ込みでの写真に変わっているということです

ただし、元の画像がPNG形式の場合は透過情報として保持されています

PNG形式の写真は透明部分の記録もできるからですね

このあたりは少しむずかしいかもしれないのでそうもんなんだくらいの認識OKですよ

写真を反転・回転|iPhoneショートカットアプリ使い方 まとめ

  • iPhoneショートカットアプリで写真の反転・回転ができる
  • イメージを反転・イメージ/動画を回転アクションを使用する

似たよな機能なのと、両方とも設定がシンプルなのでひとつの記事で解説しましたが、ムリに同時に使用しなくてOKですよ

ではまた~

シェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

iPhoneを3GSから愛用
使用したiPhoneアプリは5000を超えるiPhoneラバーでありガジェット好き
ワーキングホリデーを利用して一年間ニュージーランドで生活
30歳を超えてから発達障害であることが判明
社会とズレがあると感じていたことがスッキリして心が晴れる
発達障害のギフトを活かしつつ、iPhoneや便利ツール・メンタルテクニックなどを駆使して自分らしく生きられる方法の探求者

コメント

コメントする

CAPTCHA


CONTENTS