毎日頑張るあなたを応援する記事を更新中

iPhoneスクリーンショットのやり方3選【オススメ方法あり】

iPhoneでスクリーンショットを撮る方法は3つあります

  • ボタンを同時押ししてスクリーンショットを撮影
  • AssistiveTouchを使用してスクリーンショットを撮影
  • 背面タップを使用してスクリーンショットを撮影

基本で1番わかりやすいのはボタンの同時押しのスクリーンショットです

AssistiveTouch・背面タップはiPhoneの機能を使用するので設定する必要があります

今回はiPhoneでスクリーンショットを撮る3つの方法をマスターしましょう

※iOS15を使って解説しています
バーションや機種の違いによっては異なる場合があります

CONTENTS

いつでもどこでもiPhoneで人気作品を持ち歩けるAmazonプライム・ビデオで人生楽しもう!

\ 30日間無料で人気映画・アニメ・ドラマ動画見放題 /

【ボタン】iPhoneスクリーンショットのやり方

まずはシンプルな操作のボタン同時押しでスクリーンショットをする方法をみていきます

2022年現在ではiPhoneは大きく分けて2つのタイプで販売されています

  • iPhone正面にボタンがないFace IDモデル
  • iPhone正面下部にホームボタンのあるTouch IDモデル

それぞれ長押しするボタンの場所が違うので注意してください

Face IDモデルiPhone

まずはホームボタンのないiPhoneですiPhone X以降のモデルですね

右側にあるサイドボタンと音量を上げるボタンを同時に押します

2つのボタンの同時押しで今iPhoneの画面に写っているそのままを写真に保存できます

Touch IDモデルiPhone

さて次はホームボタンのあるiPhoneの場合です

iPhone 6,7,8 などやiPhone SEの場合ですね

これも機種によってボタンの位置が異なります

まず、iPhoneの右側にサイドボタンがある場合はホームボタンとサイドボタンの同時押しでスクリーンショットを撮影できます

次にボタンがiPhoneの上部にある場合です

ホームボタンとトップボタンを同時に押すことでスクリーンショットを撮影することができます

スクリーンショット撮影時には音がなる設定ですが消音にする方法もあります

iPhoneスクリーンショットのシャッター音を消す方法【注意点あり】の記事も参考にしてください

撮影したスクリーンショットの保存先

撮影したすべてのスクリーンショットはiPhoneの写真アプリ内のスクリーンショットというアルバムの中に保存されます

iphone_screenshot_photo

画像形式もPNGという形式でカメラ撮影された写真との形式(JPGやHEIC)が異なります

iphone_screenshot_photo02

【Assistive Touch】iPhoneスクリーンショットのやり方

ここからはボタンを使わない形式のスクリーンショットとの撮影方法です

AssistiveTouchと言うのはiPhoneに搭載されているアクセシビリティー機能の1つでiPhoneに疑似ボタンを作成することができます

わたしのiPhone1番オススメの機能で、設定するとスクリーンショットだけでなくiPhoneの操作が格段に便利になります

iPhone便利機能Assistive Touchの設定のやり方

まずはiPhoneにAssistiveTouchのボタンを表示させてみましょう

設定アプリから「アクセシビリティー」→ 「タッチ」→ 「AssistiveTouch」の順番で設定を進めて機能をオンにします

iphone_screenshot_assistive_touch
iphone_screenshot_assistive_touch02

オンにしたら薄く投下したグレーのボタンが画面上に表示されます

下の画像のような疑似ボタンです

※iPhoneの機種によって形状はすこしことなります

いま表示された擬似ボタンに機能を追加することでいろいろな機能を持たせることができます

Assistive Touchにスクリーンショット機能を設定する

スクリーンショット機能をAssistiveTouchに追加します

擬似ボタンに対するアクションは3つ

  • シングルタップ
  • ダブルタップ
  • 長押し

※画像はiPhone 6sでのサンプル画像なので3D Touchが表記されていますが機種によっては表示されません

3つの中から長押しにスクリーンショットを設定するのがオススメ

iphone_screenshot_assistive_touch03

シングルダブルタップだとうっかり押してしまったときの誤作動でスクリーンショットを撮ってしまう可能性があるからです

シングルタップをホーム画面に変わるボタンにしておくとFace IDモデルのようにiPhoneを操作することができますしね

長押しをタップすると長押しを押すどれぐらいするかの判定時間と機能を選ぶことができます

iphone_screenshot_assistive_touch04

長押し継続時間は初期設定のままでいいでしょう、もっと早くしたい場合などはプラス・マイナスボタンで変更することもできます

そしてシステムから少し下にスクロールしたところにスクリーンショットがありますので選択しましょう

iphone_screenshot_assistive_touch05

AssistiveTouchで表示された切りボタンを長押ししてみて下さい

スクリーンショットが撮影できれば成功です

※もしAssistiveTouchでスクリーンショットが取れない場合は長押ししている間できるだけ指を動かさないようにしましょう
指が動いてしまうと擬似ボタンの位置を移動させるモードに切り替わるのでスクリーンショットが撮影できない場合があります

【背面タップ】iPhoneスクリーンショットのやり方

背面タップ機能はiPhone8以降かつiOS14以降であれば使用できます

ダブルタップかトリプルタップかで機能を割り振れる機能です

AssistiveTouchと同じアクセシビリティから競ってできます

背面タップ機能の設定をする

設定アプリから「アクセシビリティー」→ 「タッチ」→ 「背面タップ」の順番で設定を進めて機能をオンにします

iphone_screenshot_back_tap
iphone_screenshot_back_tap02

ダブルタップにスクリーンショット撮影機能を追加しましょう

iphone_screenshot_back_tap03

ダブルタップから次の画面に進んで機能一覧からスクリーンショットを選択します

設定は以上で終了です

iPhoneの後ろ側(カメラ)のある側をトントンと叩いてみましょう

スクリーンショットが撮影できれば成功です

保存したスクリーンショットは編集可能です

2パターンで編集できるポイントがあるのでiPhoneスクリーンショット保存場所【編集加工もできる】の記事も合わせて読んでみてくださいね

AssistiveTouchをオススメして背面タップをオススメしない理由

ズバリ、「背面タップは反応が悪いので確実に撮影できるAssistiveTouchでのスクリーンショットをオススメする」です

わたしはiPhoneにケースとバンカーリングをつけているんですね

年々大きくなってきたiPhone画面とiPhone本体を守るには必須のアイテムです

バンカーリングは特にオススメなのでまだつけていない方いたらぜひ導入しましょう!

安いのもありますがすぐパカパカになったり壊れますw

話もどしまして、背面タップは何もつけない状態でやっても2回に1回くらい反応してくれないんですよね

やりかたがわるい可能性もありますがw

手軽に確実にスクリーンショットを撮影できるAssistiveTouchでの方法がオススメです

iPhoneでスクリーンショットを撮るときの注意点

便利なスクリーンショット機能ですが注意点もあります

スクリーンショットには写らないものもある

  • AssistiveTouchボタン(疑似ボタン)
  • スクリーンショットを撮った際の左下に表示されるプレビュー
  • Amazon Primeのような動画配信されているときのスクリーンショット

基本的にはそれほど不便ではないものですので、そうなんだくらいに思っていてください

Amazon Prime Videoでは作戦選択画面のスクリーンショットはできました

著作権保護ですが、作品再生画面をスクリーンショットすると真っ暗になっていましました

iphone_screenshot_attention

iPhoneスクリーンショットのやり方3選【オススメ方法あり】 まとめ

  • ボタン同時押しでのスクリーンショットは機種により押す場所がちがう
  • AssistiveTouchの疑似ボタンに機能を追加してスクリーンショット撮影することができる
  • 背面タップにも機能を追加してスクリーンショット撮影が可能
  • 撮影したスクリーンショットは写真アプリのスクリーンショットアルバムに一括保存される
  • スクリーンショットにも撮影できないものがある

メモ代わりにバシャバシャとスクリーンショットを撮るわたしはAssistiveTouchでの撮影がいちばんスムーズにおこなえます

アルバムも一箇所にまとめてくだるのもまた良し

スクリーンショットは全体を撮影して保存する方法も解説していますので下記の記事も参考にしてみてくださいね

ではまた~

スマホ乗り換えに失敗しないためにチェックしておくべきキャッシュバック!

スマホはどんどん機能がアップグレードしていくとともに値段も上がってきています

スマホ乗り換えをお考えの方は【スマホ乗り換え.com】 でキャッシュバックでお得にスマートに乗り換えましょう

スマホ乗り換え.comのポイント
  • キャッシュバック・限定特典あり
  • 来店・ウェブ契約が選べる
  • ソフトバンクのキャンペーンも適応

格安スマホが多い中、やはり回線の速度は重要です!

必要なときにネットに繋がらないのはほんとうに困ります

わたしは格安スマホを試したときに、出張で東京駅での電車乗り換えを完全にスマホに頼っていたのでつながらない回線に絶望しました

大手キャリアの回線はしっかりネットにつながるのでさすがというか安心感が段違いです!

しかし、大手キャリアと行ってもauは2022年7月2日に大きな通信障害がありましたし、ドコモは端末の割引をあまりしないんですよね

その点、ソフトバンクはスマホ端末への割引・キャッシュバックがいつもしっかりしています

ポイント

【スマホ乗り換え.com】 では最短での現金キャッシュバックに加えてソフトバンクに特化しているのでiPhone在庫もたっぷり豊富!

\ 最短3日で契約・限定特典あります /

安心の来店契約・時間短縮のウェブ契約を選べて、最短3日で契約可能で送料も無料!

【スマホ乗り換え.com】のキャンペーンでなくソフトバンク公式キャンペーンも適応されるので公式サイトから申し込むよりもお得です

正直、スマホは便利なのにスマホの手続きはめちゃくちゃめんどくさいですよね

調べれば調べるほどわからなくなることをよく相談されます

ウェブ契約でも【スマホ乗り換え.com】は相談にのってくれるので見積もり、問い合わせだけでもやってみる価値ありますよ

\ スマホ乗り換えで損する前に相談! /

スマホは現代で立派なインフラ(必需品)なので常に新しいスマホを持っていたいですね!

シェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

iPhoneを3GSから愛用
使用したiPhoneアプリは5000を超えるiPhoneラバーでありガジェット好き
ワーキングホリデーを利用して一年間ニュージーランドで生活
30歳を超えてから発達障害であることが判明
社会とズレがあると感じていたことがスッキリして心が晴れる
発達障害のギフトを活かしつつ、iPhoneや便利ツール・メンタルテクニックなどを駆使して自分らしく生きられる方法の探求者

コメント

コメントする

CAPTCHA


CONTENTS